TABulatura(タブラチュア)とは

ジャパンギタースクールが運営する楽譜ダウンロード販売サイトTABulatura(タブラチュア)へようこそ。
この度、楽譜を見て今まで感じていたストレス(ページ数、ギターパートの見難さetc)を解消し世界一見やすく、分かりやすいギター&ウクレレ専門の楽譜ダウンロード販売サイトTABulatura(タブラチュア)を立ち上げました。ギターリストの、ギターリストによる、ギターリストのためのサイトです。
当サイトでは、自宅のパソコンで弾きたいその時に一曲単位で自由に楽譜が買えます。たから、とても低コスト!お支払いもクレジット決済やWebMoneyなどOKです。
購入後はPDFファイルを簡単にダウンロードして自宅のプリンターですぐに印刷。
気軽に楽譜をゲットして、気軽にギター音楽ライフを楽しみましょう!

楽譜の種類

 

楽譜データの印刷方法

TABulatura(タブラチュア)ではご購入いただいた楽譜データを印刷してご利用できますので、ご自宅のプリンターで簡単に印刷できます。

詳しくはこちら

動作環境について

* MicrosoftR WindowsR Vista, XP, 2000 Professional
* ※Windows98はAdobeReader非対応のためご利用いただけません。
* Apple Macintosh OS 10.3, 10.4, 10.5

対応ブラウザ

* Windows: Microsoft Internet Explorer6.0以降
* Macintosh: Safari 1.2以降



TABulatura(タブラチュア)とは
タブラチュア(tablature)の語源でラテン語である。
フランチェスコ・スピナッチーノ(リューティスト)の手により弦を押さえる指のポジションが記号化され、音高と音長が示される現代的なタブラチュアの元祖といえるものができた。
その後合理的な五線譜が一般的になってくると、楽器毎に固有の書式を持つ煩雑さから敬遠されるようになり、タブラチュア譜は衰退していったが楽典の知識がなくても理解が容易で、楽器の操作とほぼ一対一に対応している簡易な表記が見直されギターを中心に一般的な楽譜となっている。